脱毛コラム(相談室)

絶対行ってはいけない脱毛サロンの特徴は?

絶対行ったらダメなエステサロンを知りたい

読者さんからこんな質問が届きました。

私は、エステサロンに勤めていた時

「通っていたエステサロンが突然倒産した」

「脱毛効果が出なかった」

と、他店のエステサロンから来店してきたお客様に出会うことが何度かありました。

じつは、選んではいけないサロンの特徴があるので、今回はその注意点を紹介していきます。

ぜひ、脱毛サロンを選ぶ時の参考にしてみてくださいね🤗

行ってはいけない脱毛サロンの特徴

個人サロンや店舗数が少ないサロンには注意が必要

店舗数が少ない個人サロンなどは契約を取ることに必死な場合もあるので、なるべく避けたほうが良いと考えます。

でも、個人サロンでも素晴らしいサロンもあることも事実。

もし個人店に行きたいなら、必ず口コミをチェックして来店するようにしましょう。

以前のエステサロンは、脱毛契約するまでエステサロンから帰れなかったり、高額なコースを勧められるという強い勧誘が一般的でした。

カオリ
今考えるとほんと怖い。。

近年は、エステサロンの法律が厳しくなったこともあり、そのような強い勧誘はなくなってきたように感じます。

特に全国展開しているような大手サロンは、営業停止になることを恐れているので安心して通って大丈夫です😊

小規模サロンは売り上げが悪くなるとサロンが無くなる場合がある

エステサロンは、そのサロンの店舗同士の統合などで今まであった場所から別の場所に移転するということがあります。

今まで便利だと思って通っていたエステサロンが、突然なくなってしまう場合があるということ。

カオリ
私はエステティシャン時代、勤めていたサロンの統合・移転を3回も経験しました。

大手エステサロンの場合は、サロンがキレイになったり、サロンが広くなったりでメリットがあるので良いですが、個人店の場合のサロン移転は危険信号な場合があります。

個人店・小規模サロンのサロン移転・縮小の意味とは

  1. 近くにあるサロンを1つにまとめるのは売り上げが悪くなって経費を削減したいから
  2. エステティシャンの退職者を出して人件費削減

私は、まさにこの売り上げが傾いてきたサロンに在籍していたことがあります。

移転統合を繰り返し、私が退職した後も、サロン縮小していったと聞いています。お客様からのクレームがすごいだろうなとゾッとしました。

失敗したくないなら大手脱毛サロンを選ぶこと

大手サロンが絶対に倒産しないとは言い切れません。でも、経営年数が多い老舗サロンは体制が整っているので、トラブルが起きてしまってもすぐに対応してくれるので個人店より安心です。

それに、脱毛が初めての人にとって脱毛キャンペーンが充実しているということは、メリットばかりだと思います✨

もし、近場に大手サロンがない場合はどうすればいい?

家の近所に脱毛サロンがない場合は、家庭用脱毛器を選ぶという方法もあります。

カオリ
最近の家庭用脱毛器はホントに脱毛効果が高くてびっくり!

自分で手が届く範囲の脱毛でよければ、家庭用脱毛器でも脱毛することができる時代です。家庭用脱毛器についてはこちらで調査中なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ:個人サロンには注意しよう!

脱毛サロンで個人サロンを選択する場合は、友達がすでに通っている場合や口コミの評価がすこぶる良いサロンのみにしましょう。

口コミで勧誘がひどいなどのコメントがある場合は注意が必要です。無理にそのサロンを選択する必要はないと思います。

安心して通える脱毛サロンは、やはり全国展開している大手サロンに限ります。

この、脱毛うさぎでは大手サロンの体験談&口コミを随時更新しているので、ぜひ目を通してみてくださいね😊