脱毛 / 一般的知識

子供脱毛は何歳から出来る? 気になる安全性や脱毛効果とは

子供脱毛は何歳から出来る? 気になる安全性や脱毛効果とは

脱毛で綺麗になった経験のある女性は誰でも、「ムダ毛が気になりだした年頃の娘にも、早く脱毛を受けさせてあげたい」と考えますよね。

実際、子供時代から脱毛サロンに通い始める人が増えてきています。3歳の子供からでも受けることができるくらい痛みがなく、安全性が高い、「子供脱毛」という脱毛方法も開発されているほどです。

しかし、まだ毛の生えるサイクルが安定していない、生理がきていない子供の場合は、脱毛をしても毛が繰り返し生えてしまう場合があります。

このページでは、毛に悩んでいるお子さんが安心して脱毛できるように、「子供脱毛は何歳からするのがおすすめなのか」「子供をサロンに通わせるときの注意点」などについて解説していきます。

子供脱毛は3歳から受けられる

少し毛深いというだけで、同級生にムダ毛をからかわれい、傷ついている子供は意外とたくさんいます。親御さん自身、ムダ毛に悩んだ経験があれば、お子さんの気持ちもよく分かりますよね。それでは子供脱毛は何歳から受けられるのでしょうか。

従来の脱毛マシンでは実現できませんでしたが、なんと現在では、3歳の子からの脱毛が可能になっています。

九州を中心に展開している「KAREN」というエステサロンでは、同級生から毛が濃いことをからかわれ、泣きながら相談してきた子供を持つお父さんが、「娘のためになんとかしてあげたい」という一心で、開発した脱毛マシンがあります。

友人のエステティシャンがこのサロンに勤めているのですが、「周りの子にからかわれるのが辛い」「プールの授業に出たくない」など、ムダ毛の悩みを抱えて来店されるお子様はとても多いとのことです。そして施術を受けた子供は、無痛でムダ毛のないツルツルなお肌になることができるので、とても喜んでいるとのことでした。

引用:症例集

残念ながら「KAREN」は全国展開をしていません。しかし、「KAREN」と同じマシンを導入しているサロンがあります。それは、「Dione(ディオーネ)」というサロンです。

敏感肌専門脱毛サロン「Dione(ディオーネ)」は、「痛くない、肌ダメージ0で脱毛できる」を強みとした、「ハイパースキン脱毛」という脱毛方法を採用しています。

「ハイパースキン脱毛」は、一般的な脱毛のように、毛の根元を熱の力で破壊する施術方法でありません。発毛因子(毛の種)を消滅させる脱毛方法のため痛みがなく、まだ肌の弱い子でも脱毛を受ける施術方法なのです。

http://www.karen-kanna.com/pc/depi_theory.php

大手サロンでも、脱毛開始年齢は下がってきています。

従来の大手サロンでは、脱毛開始年齢は 18 才からが主流でした。しかし現在では年齢をぐんと下げて、中学生からでも脱毛可能なサロンが増えているのです。

ただし、医療クリニックでは、16歳以上の方を対象としているクリニックがほとんどです。

なぜなら医療クリニックの場合、痛みを感じにくいマシンが増えてきている一方で、まだまだ脱毛時に痛みを感じやすいマシンが多いからです。

脱毛には「適した年齢」がある

先述したように、3才から脱毛をスタートできることは事実です。しかし実際には、脱毛には「適した年齢」があります。

脱毛に適した年齢を見分けるポイントは、「生理が順調にきはじめたかどうか」という点です。生理がきていない年齢に脱毛を始めても、また同じように生えてきてしまう可能性があるのです。

生理が順調にくるようになると、ホルモンバランスが安定するため脱毛の効果が出やすくなります。そのため、基本的には生理が数回きて周期が整うようになってから、脱毛を始めるのがよいでしょう。

しかし、「生まれつき体毛が濃く、強いコンプレックスになっている」など、本当に毛に悩んでいるお子さんもいます。その場合には、子供のうちから脱毛させる選択も、必要かもしれません。

子供をサロンに通わせる場合の注意点

小さい頃から脱毛が可能と言われても、「ヤケドなどの肌トラブルは出ず、本当に安全なのか」「脱毛の光は本当に体に害はないのか」ということが気になると思います。

そこで最後に、子供を脱毛サロンに通わせる場合の注意点についてお伝えしていきます。

  • 子供が脱毛しても、身体に影響はない?

「Dione(ディオーネ)のハイパースキン脱毛」のように、高熱を加えない脱毛方法を用いているサロンは安全で、体にも害はありません。ただし、子供脱毛の中でも、子供専用のマシンを使わず大人と同じマシンを使っている場合は、少し注意が必要です。

大人の肌と違い、子供の肌は弱いです。弱いお肌に対して、大人と同じマシンを使ってしまうと、施術の際に痛みを伴ったり、肌に刺激があったりします。身体に害があるということはありませんが、お肌に負担がかかりやすいのです。

  • 子供の毛周期について

脱毛の結果を出すためには、「毛周期」がポイントとなります。「毛周期」とは、毛が生え変わるサイクルのことです。このサイクルに合わせて脱毛をすることで、効果的な脱毛が可能です。

毛周期は、大人になると一定のサイクルになるのですが、まだ生理が来ていない子供のうちは毛周期が安定していません。

そのため生理が来ていない子供の場合には、効果的に脱毛ができず、毛が再度生えてくる可能性が高いのです。

また、3歳から施術可能な「子供脱毛」は、毛の根っこに熱を加える脱毛方法ではなく、発毛因子(毛の種)を消滅させる脱毛方法となります。そのため、子供脱毛をするときには、「発毛を予防している」という考えの方がいいです。

  • 日焼けをしないように気をつける必要がある

一般的な脱毛マシンは、日焼けしている肌のお手入れはできません。ただし、子供脱毛が可能なDione(ディオーネ)のハイパースキン脱毛は日焼けしている肌でも脱毛が可能です。なぜなら、「毛の種」のみを狙うため、熱を加える必要がないからです。

しかし、大人と同じマシンを使っているサロンでの子供脱毛は、日焼けに十分注意する必要があります。

熱を加えるマシンの場合、日焼けによって黒くなった肌に脱毛の光が反応し、ヤケドをしてしまう可能性があります。これは、脱毛の光が黒い色に反応してしまうからです。

子供のうちは外遊びや部活など、外で活動することが多いですよね。子供の肌は弱いため、Dione(ディオーネ)以外の脱毛法を選択する場合は、紫外線の強い夏の時期は脱毛をお休みすることも考えましょう。

  • 自宅で処理をするなら電気シェーバーを使おう

もし、今すぐ脱毛を始めることが難しいなら、ムダ毛処理は電気シェーバーを使ってあげましょう電気シェーバーでオススメはフェイス用のシェーバーです。刃が小さいため剃りやすく、肌を傷つけずにお手入れをすることができるからです。

体毛を気にしている子供はたくさんいます。周りの子にからかわれ傷ついていても、恥ずかしくて親御さんに相談できない子もいるかもしれません。

そんな時、安易にカミソリを使ってしまったり、無理やり抜いてしまったりすると、まだまだ弱い状態のお肌を傷つけてしまいます。そのため、子供がムダ毛を気にする年頃になったらば、まず電気シェーバーでの脱毛方法を教えてあげましょう。

電気シェーバーは、一番お肌に負担の少ないムダ毛処理方法なのです。しかし、子供が本当に悩んでいる場合は、より効果的な脱毛方法を選択していく方法があります。

そんなときには、早い時期からの脱毛のメリット・メリットについてしっかりと話し合った上で、「サロンで脱毛をする」という選択も考えてみましょう

まとめ

子供のムダ毛の悩みは、大人が考えているよりも深刻です。少し周りの子に比べて毛が濃いだけで、からかわれたり、いじめを受けたり、傷ついている子は少なくないでしょう。そんな子に、「気にしなくていいよ」と言ってあげたところで、子供の悩みは解決しません。

子供がムダ毛を気にしている気持ちは、同じように毛に悩まされてきた親御さんが一番分かってあげることができます。

私自身、小学生の頃からムダ毛がコンプレックスで、親に隠れてカミソリを使ってみたり、無理やり毛を抜いてみたりしていました。もし、「私の子供時代に子供脱毛があったなら、長い間ムダ毛に悩まされることもなかったのに」と思うと、子供脱毛が出来るようになったのは、とても素晴らしいと思います。

ムダ毛が気になってくる年頃になったら、「まだ、脱毛するなんて早いよ。気にしなければ大丈夫。」なんて言わないで、子供でも安心して脱毛可能なサロンで、脱毛をスタートしてあげることがオススメです